JW(エホバの証人)とAndroid

Androidタブレットを使う日本国内のエホバの証人(JW)のためのブログです。

JWLibrary(Android版)を使いこなす 第28回 コンテンツ内の画像を拡大する

     梅雨明けの暑さで体調不良の方が増えているようですが、いかがお過ごしでしょうか。

     メモのバックアップのやり方に割り込む形になってしまいますが、今日の集会中に妻が教えてくれたので、早速これも記事にしてしまうことにしました。

     残念ながら、この機能が利用できるようになった正確な日付を特定することができないのですが、以前はできなかったはずのアプリ内での挿絵の拡大縮小が出来るようになっていました。

     Google Playで確認すると、アプリの最終更新日が2017年7月18日なのでもしかしたらそのタイミングでこっそり機能追加されたのかもしれませんね。

  

 挿絵の拡大縮小のやり方

     やり方自体はとても簡単です。

     まず、アプリ内で挿絵の含まれたコンテンツを表示させます。

f:id:LinXiaoHong:20170723224311j:plain

     それから、挿絵を一回だけタップします。

     すると下の写真のように挿絵だけが抽出されて表示されます。

f:id:LinXiaoHong:20170723224318j:plain

     あとは、この状態から、ピンチイン操作で拡大したり、拡大したまま指で上下左右にドラッグして挿絵の細部をある程度までつぶさに確認できます。写真では拡大して、人物に当たる光線や細かい表情などを確認することができました。

     

f:id:LinXiaoHong:20170723224324j:plain

     このモードを終了するには画面右上のバツ印をタップすれば良いです。

この機能の使い所

     やはり写真が多い「神の王国は支配している」のディスカッションなどで重宝するかと思います。昔の貴重な新聞記事やポートレートはかなりの解像度で保存されていますので、いろいろ鑑賞するのはとても面白いかと思います。

     余談ですが、一時期わたしは電子出版物内で用いられていた「ものみの塔」1939年3月1日号創刊号(英文)の画像を待ち受けにしていました。(アイコンが見にくくなるので今は使っていません。) とはいえ全画面表示しても文字がボケないほどしっかりとスキャニングされていることが確認できます。

f:id:LinXiaoHong:20170723231341j:plain

 

     このような資料は各国の支部事務所や世界本部などに展示されていますが、原画や原本を間近でみると本当に感動します。ウォールキルベテルやパターソン教育センターなどにも赴く機会がありましたら、出版物で未公開の特別な絵画が展示されていますからきっと良い思い出になると思います。

     現在世界本部が置かれているニューヨーク州ウォーウィックのエキシビションスペースもご機会があれば、ぜひ見学してみてください。一世紀から続けられているキリスト教の伝道活動の貴重な歴史や、貴重な聖書写本や翻訳を眺めていると深い感動を味わえると思います。(私は移転前のブルックリンで見学しましたが、それでも大変興味深い展示内容でした)

     2014年夏頃にパターソンでお聞きした所、エホバの証人アート部門は画家の方だけでなく、歴史検証のためのチームもあって、絵画内の小道具や、衣装、動植物が当時の歴史的文化的背景や生態系と矛盾しないよう、また知りうる限り正確なものとなるよう注意深い配慮がなされているとのことです。

     またアート部門で奉仕する画家の兄弟姉妹たちは肉筆で作品を描いておられるのはお一人だけで、残りの方は全てデジタルペインティングで作成しておられるとのことでした。

     デジタルペインティングによって、一枚の絵を複数の画家が共同で書き上げたり、一枚の絵を別の絵として合成したりすることも容易に行えるようになりました。こうしたところにもテクノロジーを善用する努力が垣間見えます。

     胸に迫る絵画や写真を精力的に作り出しておられる彼らの働きにも感謝したいと思います。

JW Library (Android版)を使いこなす 第27回 バックアップの下準備

     このシリーズもついに大詰めとなりました。今回から、JWLibraryバージョン9で追加された機能、メモのバックアップについての解説を数回に分けて行ないます。
 
     では早速、用語の説明です。
   ①バックアップ
   ②クラウドストレージ(オンラインストレージとも)
 

バックアップとは

 
まずバックアップという語ですが「万一のための控え」という意味です。
「バックアップを作っておく」なら大切なデータが消えた(消した)としても、そのデータを元通り「復活」させることができます。
 
JW Libraryはメモを手動でバックアップする必要があります。ハイライトは、アプリ本体をアンインストール(削除)しない限り、自動的にバックアップされています。
 

クラウドストレージとは

 
次にクラウドストレージです。以下「クラウド」と略します。
これは(以前にも説明しましたが)データを預けておく「口座」のようなものです。
 
お手持ちの機器が故障・破損したために、保存したデータが見られなくなってしまったとしても、あらかじめクラウドに預けたデータのほうはその影響を受けず無事であるため、クラウドはバックアップ先として安全です。

f:id:LinXiaoHong:20170717174427j:plain

 
     用語解説は以上です。
定義を正確に覚えることよりも、大まかに意味合いを掴んであとは実践していけば十分だと思います。
 

注意点

     銀行口座と同様、個人用のクラウドを利用する時には本人確認が求められます。メールアドレスとパスワードは、デジタル社会では印鑑とパスワードのようなものだという認識を持って厳重に管理してください
 
     特に不特定多数が利用するコンピューターから自分のクラウドにアクセスした場合、利用終了後はそのままにせず、必ずログアウトしてください。ログアウト操作を行わないないのは、ATMにキャッシュカードをそのままにしているのと同じぐらいの不注意行為です。自分専用の端末であってもなくても、第三者があなたの保存データを勝手に閲覧、または操作(改ざん、削除、不正利用など)できてしまいます。
  

クラウドアプリを選ぶ

     GooglePlayストアで「クラウド」というキーワードで検索します。
 

f:id:LinXiaoHong:20170717172445j:plain

    
     このブログではどのアプリが良いかまでは、あえて書かないことにします。どれがいいかは容量を重視する人か、セキュリティを最重要視する人かで異なるからです。私自身複数のアプリを比較しながら数年に渡って使い分けて続けていますが、まだ結論を出せません。
     
     アプリの評価点や口コミを参考にしながら、お好きなアプリをお使いください。それぞれのサービスの違いをまとめて比較したページもネットで色々と見つかります。
     この記事ではGoogle Driveをバックアップ先として使うものとして話を進めていきます。
 

JW Libraryでメモのバックアップを開始する

 
     ある程度メモを書き溜めてくると、「これが全部消えたらどうしよう」「端末を買い替えた時にどうしよう」と考え始めるものです。1から全部やり直し、ということだけは避けたいものです。絶対に心が折れますし、記憶に頼った完全復元は無理です。
 
     ですから、メモ機能を使いだした方にとって、バックアップを作っておくことは絶対に必要になります。
 
     バックアップは個人研究カテゴリーから開始します。

f:id:LinXiaoHong:20170620175847j:plain

      個人研究カテゴリーを開くとタグの一覧と最近作成したメモが表示されます。右上に注目してください。矢印付きの雲マークがあります。
 

f:id:LinXiaoHong:20170717173522j:plain

 

     このマークには「クラウド(雲)にメモのバックアップを作る」という意味があります。では、タップしてみましょう。

 

f:id:LinXiaoHong:20170717173500j:plain

     
     バックアップを作成は読んで字のごとく、バックアップを作る操作を開始します。バックアップを復元は、作成したバックアップをアプリ内に復元します。
 
    次回は、この続きから解説します。とりあえず、まだの方は、クラウドアプリをインストールしておいてください。無料のもので十分です。
 
    では、また近日中に!
    暑い日が続きますが、一緒に大会の招待(宣伝)キャンペーン頑張りましょう。
 
    
 
 

あなたは地区大会に出席しましたか(ネタバレ無し)

     今年も酷暑になりそうです。私も水分・塩分補給を意識しながら乗り越えたいと思っています。(屋外作業で無対策だったため20分程度で熱中症を発症した経験があります。完全回復に一週間近くかかりました。)皆様もお疲れの出ませんように。

 

     さて、夏といえば奉仕年度の最後を締めくくる地区大会です。今年の「あきらめてはいけない!(英語でのタイトルはDON'T GIVE UP!)地区大会」は公式サイトによれば、日本国内では77の大会が7/14から9/10の期間に一般公開・入場無料で開催されます。

     きっと、笑いあり、涙あり、考えさせる教訓的な講話やインタビューありの盛りだくさんな内容になるはずですので、今からとても楽しみです。ぜひ休暇をとって出席しましょう!

www.jw.org

     ご存知の方もいらっしゃると思いますが、この時期にはJWLibraryの出版物カテゴリーから大会の発表物(文書や動画コンテンツなど)がダウンロード可能になります。

f:id:LinXiaoHong:20170715163356j:plain

     これは、大会に出席した方たちだけが利用するよう期待されているコンテンツです。なぜそう言えるのかは、タップするとすぐにわかります。

 

地区大会出席の有無を確認する画面

 

f:id:LinXiaoHong:20170715163533j:plain

     この画面で、正直な答えを選択するなら、楽しみは最大になります。

     言うまでもなく、大会にまだ出席していなければ、「いいえ」を、出席したのであれば「はい」を選択し、その後、何日目の大会に出席したかを選択することになります。

(2017/07/17追記 一度「はい」を選択すると、この画面は出なくなるそうです。)

     

     マタイ5:37が「あなた方の“はい”という言葉は,はいを,“いいえ”は,いいえを意味するようにしなさい。これを越えた事柄は邪悪な者から出るのです。」と述べているように、ただ自分ひとりだけでいる時に、良心的に正しい決定をするのはインターネット上での決済や、閲覧、日常生活や仕事においての個人的な場面でも試されることがあります。

      

     一般の世の中では、こうした誰も見ていない場面で正直でいられなかったゆえの犯罪行為がニュースになるケースが後を絶ちません。

ホールインワン詐欺 - Google 検索

 

     いつも正直であるよう努めるなら「正しい良心を保(つ)」ことができます。(ペテロ第一 3:16)

     大会に出席した時の感動はより新鮮になりますし、他の人とその感動や嬉しさを心から分かち合えると思います。その日の感想を友人と忌憚なく共有することが出来ることができます。

 

     私が何を感じたかというと、ものみの塔協会は、アプリの利用者が責任感を持ってこのアプリを良心的に利用するはずだいう信頼をこめて公開してくれているのではないかということです。

 

     性悪説的な人間に対する不信が細かい規則を増やします。

     あまりにも規則が多すぎると自分で考え正しく推論し、決定する能力が成長しません。規則の隙間を縫うような悪知恵を働かす人さえいます。それがまた新しい規則を生み出すという悪循環になりかねません。

 

     聖書の原則に基づいて選択行動するよう訓練されるなら、細々とした規則は減らすことができますし、訓練された正しい良心と思考力を持つほとんどの人にとって「はい」か「いいえ」の選択肢は、誘惑とはならず、自分の正直さ誠実さを証明する機会となるでしょう。

     アダムとエバは嘘の選択をするかもしれませんが、わたしたちは同じ轍を踏むつもりは毛頭なく、こうした小さな選択においても忠実であることを証明したいものです。

  『ごく小さな事に忠実な人は多くのことにも忠実です』。―ルカ 16:10。

     それでは、良い夏を!!

 

     

マルチウィンドウについて思ったこと

     マルチウィンドウとは画面を分割して2つのアプリを同時表示させる機能のことです。スマホでは同時表示できるのは2つまでですが、タブレットはなんと4つまで表示可能です。実用的なのはやはり左右分割でしょうか。

 

     ただし、Windowsパソコンと異なり、一つのアプリを複数起動することはできません。JWLibraryを2つ起動して、左半分で日本語版のものみの塔、右半分に簡易英語版のものみの塔を表示させる、という使い方はできないわけです。

      

     さっそく、どんな表示になるかご覧ください。

f:id:LinXiaoHong:20170713194553j:plain

      左にJWLibrary、そして右にものみの塔オンラインライブラリが(GoogleChromeで)表示されています。調べる気満々の画面です。

 

     「左右で使い分けるアレ、どうやったらできるのですか?」と聞かれることが多かったので、こういう使い方については関心が高いのかなと思い今回取り上げることにしました。*1

      

 Androidマルチウィンドウ機能

     この機能はもともとAndroid6から実装されていましたが、開発者向けオプションから設定する必要があるいわば「隠し機能」のようなものでした。*2

     今はAndroid7以降のバージョンの端末も増えてきましたし、Android8の噂もチラホラ聞こえてきましたので今後はもっと対応機種がもっと増えると思います。

     マルチウィンドウは、画面に複数のアプリを表示することで、「一方の画面でコピーしたテキストを別の画面に貼り付ける(ペーストする)」や「ネットサーフィンを楽しみながら動画を閲覧する」といった、これまでできなかった様々な使い方が可能になると言われています。  

      マルチウィンドウに切り替える方法は機種によって若干操作方法が異なります。枚挙にいとまがないのでいちいち紹介することはできませんが、ナビゲーションバーのアプリ切り替えキーが関係した操作が多いようです。

使用してみた率直な感想

     うーん、パソコンのような感覚で使おうとすると微妙ですね。そもそも決して大きいとまでは言えないタブレットスマホの画面がさらに窮屈になってしまいます。マウス操作に制限がかかるバグが解消されるまでは、タッチペンがいるかも。

     それでも、いちいちアプリ切り替えキーをタッチすることなく1画面でマルチタスクが行えることには一定の魅力を感じました。

 

どういう場面で使うか

     すぐに思いついたのは、JWLibraryとノートアプリの同時起動です。これはずっとやってみたかったことですから嬉しいですね。

f:id:LinXiaoHong:20170713205805j:plain

     JWLibraryをOneNoteアプリと同時起動させた所。左のJWLibraryがスマホ版の表示に調整されていることに注目。

     ただし、この使い方は、ブルートゥースキーボード必須になるかと思います。 フリック入力などでは文字入力画面が邪魔になるので厳しいでしょう。     

 

発覚した問題点

 

まず、左右のアプリ間のコピペについての感想です。

     前述のようにJW.orgやオンラインライブラリのテキストをコピーしてJWLibraryのコンテンツにメモとしてペーストすることは一応できました。

f:id:LinXiaoHong:20170713205138j:plain

     実際、便利そうに見えますが、注意点があります。

 

アプリによっては分割表示中にはすべての機能が使えない

     これは痛い。どういうことかと言いますと、従来どおりの表示で操作すると こうなりますが、

f:id:LinXiaoHong:20170713211437j:plain

     分割表示中にはどうやってもこのメニューが出せません。

f:id:LinXiaoHong:20170713211520j:plain

     下のカラフルなGマークをタップすると、選択中のキーワードがGoogle検索エンジンで検索されて新しいタブに表示されるのですが、不正確で偏向的な情報源も表示されますのでインターネット情報の識別や取扱いに不慣れな方は要注意とも言えます。

 

今回の総括

     現時点でAndroidタブレットの売れ筋は8インチクラスが多いので、そのサイズの端末でこれをやるとなると、老眼の方には敬遠されそうです。

     ただし、16:10や16:9の横長のAndroidタブレットであれば、横幅に余裕もありますからしっくりしそうです。

     アプリのメニューバーもシングルウィンドウより省略された表示となりますので、いずれにしても習熟度の高くない方はかえってまごつきそうです。

     今の段階では、使う場面が限定的ですし、自分一人で文字やアプリ画面の大きさの調整ができるAndroid中級者以上の方以外には無理に勧める理由はなさそうかな、と思っています。

*1:ちなみにiPadはiOS9から2つのアプリを同時表示して操作することができています。

*2:開発者向けオプションは端末の「設定」から「端末情報」そして「ソフトウェア情報」とタップし、表示された「ビルド番号」を7回連続でタップするとアンロックされます

Android7.0が降ってきた

    本日2017年7月12日午後、私のタブレットOSがバージョンアップ可能になるということを出勤途中の電車でニュースを見ていて知ったので、退勤後ワクワクしながら帰宅して、アップデートしてみました。

目にしたのは、一応こんなニュースです。

ASUS JAPANは12日15時より、「ZenPad 3 8.0(Z581KL)」及び「ZenPad 3S 10(Z500M)」を対象に、Android7.0へのOSアップデートの配信を順次開始しました。

OSのバージョンアップに伴い、マルチウィンドウ機能などが利用できるようになります。また、今回のOSバージョンアップ後にZenMotionの「ふるふる」と「Shere Link」が削除されるとのこと。」

    もしかしたら、読者の皆さんの中にはAndroidのアップデートは始めてという方もおられるかもしれません。私なりに気をつけていることをお伝えしておきます。

1.バッテリーは十分に充電しておく。

 多分バッテリーの残量が乏しいとアップデートを開始させてもらえないと思います。

2.通信環境が良好なこと。

 それなりの通信速度、電界強度(電波の強さ)がないと、時間がかかりすぎてアップデートを断念せざるを得なくなるかもしれません。

3.microSDは取り外しておくこと。

 システムは最小構成にしておくことは鉄則です。

4.保存容量に十分な空きがあること

 更新したくても、スペースがなければ、元も子もありません。

 

 

さてアップデートを開始するため、設定からシステムのアップデートを開き、更新を確認してみます。

f:id:LinXiaoHong:20170712220727j:plain

すると、アップデートを始めるかどうか尋ねられました。(写真撮り忘れ)

同意すると更新プログラムのダウンロードが始まります、950メガオーバー!!

すごいデータサイズです。

f:id:LinXiaoHong:20170712220936j:plain

実行速度が下り80Mbps前後の光回線ですからちょっと時間がかかりました。途中で切断されると不安なので無線ルーターの真横に立てかけてドキドキ待っています。

f:id:LinXiaoHong:20170712221136j:plain

10分ほど放置してダウンロードが済みました。これからインストールするかどうか尋ねられます。ここは行くしかありません。初志貫徹。インストールを選びます。

f:id:LinXiaoHong:20170712221249j:plain

バージョンアップ完了しました。無事7.0になりました。

 

アップデート後

 

さっそくNOVAランチャーが表示不具合出ました。。。

NOVAを提供している会社は対応が早いので特に心配はありませんが、一旦アンイストールして、ASUSのプリインストールホームアプリのZenランチャーに戻しておきます。

 

 しばらく、環境再構成が面倒なので今日はここまで。特に大きな問題はありませんが、念のため再起動かけておきました。起動ロゴが新しくなってかっこよかったです。

 Huaweiが躍進している昨今、ASUSにも頑張ってほしいですね。SAMSUNGは戻るキーとアプリ切り替えキーの配置を逆にしてくれない限り買う気になりません。

というか、日本メーカーどうした!? 特にSONYさん。

 

 

JWLibrary(Android版)を使いこなす 第26回 メモに付けたタグを編集する

     今回は前回と同じようにメモに付けたタグを後から編集する方法についての解説となります。

     思いつくままにメモにタグを付けていくと、やがてどんなメモともマッチしづらい扱いにくいタグが出てきてしまうものです。

      こういう場合にはまとめてしまいたいメモの系統にマッチするようにタグの名前をつけ直すという逆転の発想が効果的です。

タグの名前を編集する

     まず、前回と同じように個人研究カテゴリを開いてメモの一覧画面を開きます。そうしたら、編集したいタブをタップしてみましょう。

f:id:LinXiaoHong:20170712184723j:plain

      今回は黄色い丸で囲んだペンのようなシンボルをタップします。

f:id:LinXiaoHong:20170712184852j:plain

     すると、名前の変更画面がポップアップします。バックスペースキーを長押しして全削除して書き直してもよし、カーソルキーでお好みの場所から書き直してもいいでしょう。

     キャンセルを押せば、この変更操作そのものをなかったことにでき、従来のタグの名称のままで続行します。名前の変更をタップすると、その時点で新しい名称が採用されたタブに変更されます。

 

     次回はついに本シリーズの最終編(現在のバージョンで)、「作成したメモをバックアップする」を予定しています。お楽しみに

JW Library(Android版)を使いこなす 第25回 作成したメモを管理整頓する

     デシタルツールに慣れるにつれ加筆修正に抵抗がなくなっていきます。

 

     推敲しながらの下書き、そして気合を入れて清書というメンタルパワーを要求される手順を踏むこととも大切な書き物もあるかもしれませんが、スキマ時間にとりあえずアイデアやメモを入力して、別の機会にちょこちょこと体裁を整えて完成稿まで持っていく、というやり方に私はすっかり慣れてしまいました。

     読者の皆さんはどちらでしょうか。

     さて、もちろんメモ機能についてもこの考え方が応用できます。

とりあえず、メモして。タグで分類づけして、必要があれば再編集を繰り返します。

今回は上記の再編集の部分つが関係してきます。具体的には何をするのでしょうか。

使わないタグを削除する

     見出しの通り、簡素化の一歩はいらないタグの処分です。

タグの削除(そして編集)は個人研究カテゴリの中で行います。それ以外のカテゴリではできませんので注意してください。

 

まず左からスワイプして、個人研究カテゴリを開きます。

f:id:LinXiaoHong:20170706235143j:plain     画面上部にユーザーが作成したタブが並んでいることは過去の記事ですでに説明しました。

 

タグの一覧からタグをタップしてみましょう。もしそのタグに属するメモが一つもないなら、このような説明付きの画面が表示されます。

f:id:LinXiaoHong:20170706235333j:plain

     この「他の聖書翻訳」というタグは「新共同訳聖書」や「エルサレム聖書」「日本聖書協会口語訳」、テーラーの「リビング・バイブル」など現在JW Libraryに収録されていない聖書翻訳の興味深い表現のメモとして使う予定です。

     

    もし、そのタグに関連付けられたメモがある場合、次のような画面が出ます。通常はこちらの画面のほうが馴染み深くなると思います。この画面からメモの編集もできますが、話がややこしくなるので今回は説明しません。f:id:LinXiaoHong:20170706235742j:plain上半分だけ拡大表示させました。「家族の崇拝の資料」というタグで開いています。

黄色い丸で囲んだペンのシンボルが「タグの編集」斜線が引かれたタグのマークが「タグの削除」です。直感的でわかりやすいデザインだと思います。

 では、タグの削除をタップしてみましょう。今回は使う予定のなくなった「発表」というタグを削除することにしました。

  消したいタグをタップしてから、タグの削除マークをタップすると、このような警告が表示されます。

f:id:LinXiaoHong:20170707000052j:plain

    削除すると決めたのであれば、怖がらずに「削除」をタップしましょう。 

    読んで字のごとく、削除されるのはタグだけです。メモもろとも消えるわけではありません。複数のタグを付けているなら削除されたタグが外れます。消したタグだけをつけていたなら、タグなしのメモが残ります。

 

タグを削除した後

     二枚を見比べると「発表」のタグが消えたことが確認できます。また作成したタグの数も一つ減っています。

       f:id:LinXiaoHong:20170707000402j:plain

      この画像をアップしてから気づいたのですが、この画面で表示されている「削除」のポップアップはタグの管理とは関係がありません。すみません。

 

      実は、この削除はタグではなく、メモを削除する時に表示されます。メモを個別に消したい時、各メモについているその他メニュー(「︙」のマーク)をタップすると表示されます。

 

管理しやすいタグの数はいくつまでか

      実験的に、色々タグをつくっていたのですけれども、タグは10個以下で十分な気がしてきました。もしかしたら数個でも足りるかもしれません。

      あまり多くても覚えきれませんし、タグ付けする時やや手こずります。汎用性の低いタグにばらついたメモは、汎用性の高い名前のタグに統合するとよいでしょう。このあたりは、皆さんの個性が光るアイデアとセンスでまとめていっていただければと思います。

   

     巡回監督の訪問があり、地区大会前で色々忙しく、更新が滞ってしまったので、今回はここまでです。つい言い訳が多くなってしまいますが、ご辛抱ください。私の中でブログのプライオリティはその程度なんです。

     もう少し気楽に更新できるコラムの方は色々書き溜めていたのですが、ボツにしてしまいました。Androidユーザーの皆さんにもう少し共感を持って頂けるような内容にブラッシュアップして再公開できるといいですね。

     とりあえず、使いこなすシリーズを先にケリを付けたいです。この暑さでメインPCが持つかどうかも心配ですが、次回はタグの編集のほうを取り上げます。

     お楽しみに。