読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JW(エホバの証人)とAndroid

Androidタブレットを使う日本国内のエホバの証人(JW)のためのブログです。

コラム 第一回 あいさつのことば

JW Android

皆様はじめまして,リン・シァオ・ホンと申します。

    このブログを開設した目的はAndroid端末を使用しているJWの仲間たちの満足度を向上させることです。また,これまで様々な理由でAndroidを敬遠してきたJWの不安を幾らかでも和らげたいとも願っています。
    
    読者の皆さまもお気づきのように,日本国内は世界の中でもすば抜けてiOSバイスの比率が高い国です。でも,このブログではiOSバイスについてはほとんどとりあげません。筆者はiOSバイスを含むApple社の製品はまったく購入したことがないからです。日常的に使っていないものについて誠実なレビューはできません。記事の都合上,iOSに軽く言及するときもありますが,それはiOSAndroidの優劣付けをするものではなく,違いを強調する目的があります。

 

    上記の主旨を踏まえた上で,情報端末を用いた霊的活動に関係する私個人の考えも時々記事にすることがあります。ブログの更新頻度はスローペースなので息抜き程度に読んでいただければ幸いです。それでは今後とも宜しくお願いします。

 

    さて,2012年に全世界でASUS社製のNexus7が衝撃のコストパフォーマンスでGoogle社によって発売されて以来、Androidはバージョンアップを重ね,洗練されてきました。良くも悪くもこれからも変わり続けることでしょう。現在では機種選びさえ間違えなければ(←ココ重要)大抵のJWにとって十分な性能のAndroidタブレットiPadWindowsタブレットよりも安価で購入・運用できます。

    タブレットの代名詞はiPad,という状況が作り出された理由は色々あると考えらていますがそれは私には正確にはわかりません。実際にiPadを使っておられる方々を観察していますと、様々な場面に応じて使いこなしておられる方ばかりではありません。悪戦苦闘しておられる方もおられます。大枚をはたいてiPadを買ったために経済的にかなりの負担が生じてしまった方,動画や写真を保存しすぎて容量不足に悩まされる方。「いいのを買ったけど宝の持ち腐れになってますね」と自嘲気味に述べる方を見かけるたびに,私は疑問に思うのです。

 「JWにとってiPadは果たして最適解なのか?」と。

    次回の記事ではAndroidを避けてiPadを買うように説得された人が耳にしたことがある言葉の真偽についてAndroidユーザーのJWとしての立場から考察してみたいと思います。

    では,次回をお楽しみに!!