JW(エホバの証人)とAndroid

Androidタブレットを使う日本国内のエホバの証人(JW)のためのブログです。

Android7.0が降ってきた

    本日2017年7月12日午後、私のタブレットOSがバージョンアップ可能になるということを出勤途中の電車でニュースを見ていて知ったので、退勤後ワクワクしながら帰宅して、アップデートしてみました。

目にしたのは、一応こんなニュースです。

ASUS JAPANは12日15時より、「ZenPad 3 8.0(Z581KL)」及び「ZenPad 3S 10(Z500M)」を対象に、Android7.0へのOSアップデートの配信を順次開始しました。

OSのバージョンアップに伴い、マルチウィンドウ機能などが利用できるようになります。また、今回のOSバージョンアップ後にZenMotionの「ふるふる」と「Shere Link」が削除されるとのこと。」

    もしかしたら、読者の皆さんの中にはAndroidのアップデートは始めてという方もおられるかもしれません。私なりに気をつけていることをお伝えしておきます。

1.バッテリーは十分に充電しておく。

 多分バッテリーの残量が乏しいとアップデートを開始させてもらえないと思います。

2.通信環境が良好なこと。

 それなりの通信速度、電界強度(電波の強さ)がないと、時間がかかりすぎてアップデートを断念せざるを得なくなるかもしれません。

3.microSDは取り外しておくこと。

 システムは最小構成にしておくことは鉄則です。

4.保存容量に十分な空きがあること

 更新したくても、スペースがなければ、元も子もありません。

 

 

さてアップデートを開始するため、設定からシステムのアップデートを開き、更新を確認してみます。

f:id:LinXiaoHong:20170712220727j:plain

すると、アップデートを始めるかどうか尋ねられました。(写真撮り忘れ)

同意すると更新プログラムのダウンロードが始まります、950メガオーバー!!

すごいデータサイズです。

f:id:LinXiaoHong:20170712220936j:plain

実行速度が下り80Mbps前後の光回線ですからちょっと時間がかかりました。途中で切断されると不安なので無線ルーターの真横に立てかけてドキドキ待っています。

f:id:LinXiaoHong:20170712221136j:plain

10分ほど放置してダウンロードが済みました。これからインストールするかどうか尋ねられます。ここは行くしかありません。初志貫徹。インストールを選びます。

f:id:LinXiaoHong:20170712221249j:plain

バージョンアップ完了しました。無事7.0になりました。

 

アップデート後

 

さっそくNOVAランチャーが表示不具合出ました。。。

NOVAを提供している会社は対応が早いので特に心配はありませんが、一旦アンイストールして、ASUSのプリインストールホームアプリのZenランチャーに戻しておきます。

 

 しばらく、環境再構成が面倒なので今日はここまで。特に大きな問題はありませんが、念のため再起動かけておきました。起動ロゴが新しくなってかっこよかったです。

 Huaweiが躍進している昨今、ASUSにも頑張ってほしいですね。SAMSUNGは戻るキーとアプリ切り替えキーの配置を逆にしてくれない限り買う気になりません。

というか、日本メーカーどうした!? 特にSONYさん。