JW(エホバの証人)とAndroid

Android端末を使いこなしたい兄弟姉妹たちのために書いています。

公式サイトJW.ORGの新着情報を受信する方法

     公式ウェブサイトで日本語版の「イエス、道、真理、命」がリリースされていることをお知らせします。新世界訳聖書改訂版の表現と思われる聖句も確認できました。例えばマタイの福音書の分冊版で採用された「重い皮膚病」という表現がルカの福音書でも用いられています。その他にも数多くの単語がわかりやすいものに変更され、一つ一つ取り上げると枚挙にいとまがありません。

     どれくらいわかりやすくなったか、一つのセンテンスを紹介します。

     マタイ6:22は現在の新世界訳では

「体のともしびは目です。それで,もし目が純一であれば,あなたの体全体は明るいでしょう。 しかし,目がよこしまであれば,あなたの体全体は暗いでしょう。」

という表現です。

    改訂版では次のように改善されたようです。

「目は体にとって光です。それで、もし目の焦点が合っていれば、体全体が明るいでしょう。しかし、目が欲で満ちていれば、体全体が暗いでしょう」。

    原文の意味を損なうことなく、読みやすさが向上されて期待が高まりますね。今時「よこしま(邪ま)」なんて言葉をきいてもストライプだと思われかねませんから。

    あとはご自分の目でお確かめください。

 

     下記のリンクからジャンプできます。

 

www.jw.org

 

     さて、頻繁に更新されるウェブサイトに常時アクセスして更新がないかいちいち確認するのも大変だと思いますので、今回はRSSフィードアプリを利用して、更新を自動受信する方法をご紹介します。

 

      説明をわかりやすくするために幾つかのステップを最初に示します。初めて目にする用語の意味がわからなくてもつまずいたりせず、ゆっくり読み進めてください。実際に操作してみることが大切です。

 

ステップその1 フィーダーアプリをインストールする

ステップその2 JW.orgのRSSフィードを取得する

ステップその3 アプリにRSSフィードを登録する

ステップその4 フィーダーアプリのウィジェットを配置する

 

では、それぞれのステップを順を追って詳しく説明していきます。

 

 ステップその1 フィーダーアプリをインストールする

     まずグーグルプレイストアでrssというキーワードを入力します。

f:id:LinXiaoHong:20170615232024j:plain

いろいろな検索候補も予測表示されますが、ここではrss ウィジェットというキーワードを選択します。

     今回は無料アプリのSimple RSS Widgetを例に挙げて紹介します。操作系は英語表記ですが、英語が読めなくても、下記の操作説明どおりにすれば大丈夫です。どうしても日本語でないと困るという方は他のアプリでも構いませんが、アカウント取得を求められたり、やや複雑だったりします。

  シンプルRSSウィジェットをインストールする

f:id:LinXiaoHong:20170615232505j:plain

 

 一番左上のオレンジのアイコンが目的のアプリです。タップして、注意書きが出ますので同意してインストールします。

f:id:LinXiaoHong:20170615232617j:plain f:id:LinXiaoHong:20170615232706j:plain

 

ステップその2 JW.orgのRSSフィードを取得する 

    次に、JW.orgにアクセスし、ホームページの「新着情報」という項目をタップして新着情報がまとめられているページに行きます。

    それから、新着情報というタイトルの下にある「受信」と書かれた部分を長押ししてください。

f:id:LinXiaoHong:20170615233236j:plain

メニューがポップアップしますので、リンクアドレスをコピーを選択してください。

(これでメニュー最上段のxmlで終わっている文字列を取得できました。)

 

ステップその3 アプリにRSSフィードを登録する

     では「開く」でアプリを起動しましょう。はじめに断っておきますが、このアプリは、後述するウィジェットで配置しないと動作しません。

f:id:LinXiaoHong:20170615233736j:plain

     起動させようとするとセッティング画面が出ます。

f:id:LinXiaoHong:20170615233910j:plain

     Setting(セッティング)のマークをタップしてフィーダーの設定を開始します。英語だらけですが、気にしないでください。これはコンフィグ画面というもので、ユーザーが自分の必要に合わせて設定する項目が並んだ画面です。

f:id:LinXiaoHong:20170615234250j:plain

まず、Headingという項目をタップします。受信データのタイトルをリネームできます。お好みの名前をつけられますので、今回は「JW.orgの新着情報」としておきます。

f:id:LinXiaoHong:20170615234502j:plain

OKを押したら、続いて、URL Addressという部分をタップしてください。ここで、先程コピーしたリンクアドレスを使うことになります。

e.g.とは英語で(例)という意味です。

この部分にアドレスを貼り付けたいので、その部分を長押ししてください。

f:id:LinXiaoHong:20170615234707j:plain

貼り付けをタップしたら、無事、アドレスを貼り付けることができます。

 

f:id:LinXiaoHong:20170615234030j:plain

全部完了したら、最後に右上のSAVE(セーブ)をタップして変更した設定を保存しましょう。これを忘れるともう一度やり直しです。

 

ステップその4 フィーダーアプリのウィジェットを配置する

最後にウィジェットを配置します。タブレットのホーム画面のなにもないところを長押しし、Simp;eRSS Widget を登録します。機種によっては、アプリ一覧からウィジェットを選択するものもあります。このアプリは、4マス×4マスか、3マスかける2マスの2種類のサイズのウィジェットが準備されているようです。

f:id:LinXiaoHong:20170615235122j:plain

 ウィジェットを長押して、ホーム画面の空きがある場所で指を離すと、

f:id:LinXiaoHong:20170615235352j:plain

 無事、投下されました。右上のスパナマークで更に細かい設定もできます。

この状態で、ウィジェットを長押しすると位置の変更や、リサイズ(サイズ変更)やパディング(余白の自動調整)も行えます。

f:id:LinXiaoHong:20170615235547j:plain

 これで終了です。お疲れ様でした。もういつでも、最新情報を自動受信できるようになりました。気になるニュースの見出しを見つけたら、すぐにJW.orgを訪問しましょう。

f:id:LinXiaoHong:20170615235829j:plain