JW(エホバの証人)とAndroid

Androidタブレットを使う日本国内のエホバの証人(JW)のためのブログです。

JW Library(Android版)を使いこなす その6(聖書ビューでの基本操作)

まず,お好きな書のお好きな章を開いてください。今回はこのあとの幾つかの基本操作の説明です。

左右方向のスワイプ

     左方向にスワイプすると次の章に,右方向にスワイプすると前の章に戻れます。写真ではイザヤ書43章を開いた状態で左方向スワイプしている途中です。右から44章が顔を覗かせているのが確認できると思います。

f:id:LinXiaoHong:20170208145237j:plain

この操作は比較的近い範囲の章を行ったり来たりするのに便利です。
例えば,生活と奉仕の集会の神の言葉の宝セクションの「霊的な宝石を見つける」の部分で,次々にいろんな方がコメントする際に聖句を確認する場合に重宝する操作です。使いどころが思い浮かびませんが,一応「章の一覧」を開いた画面でこの操作を行うと,他の書の「章の一覧」に素早く移動できます。

上下方向のスワイプ

     聖書の各書の章を開いたあとは文字が横書きになった縦長の巻物を読むような感覚で聖書を読んだり調べたりすることになります。巻物は英語でスクロールと言います。画面の表示を上下(または左右)に動かしながら表示することもスクロールと言います。「スクロールさせる」という用方が一般的です。
聖句を読みながら上下にスクロールさせると下の写真のように灰色の半円形のマークが聖句表示エリアの右端に表示されます。

f:id:LinXiaoHong:20170208145545j:plain


指を離してもこのマークはおよそ一秒間表示されたままになります。
このマークが消える前に素早くこのマークに指を乗せて上下に動かすと,高速でその章の範囲内を移動できます。(Androidはスクロール速度は早いのでフリック操作を繰り返しても構いません)

節番号

    右の空欄に「節番号をタップしてください。」と表示されているのが気になりますね。

    聖句の節番号など青い色になっている文字や記号はすべてタップすることで何らかの機能を開いたり,追加情報を右のエリアに表示させることができます。この右のエリアはスタディペインエリアという名前がついていますので,今後の説明はその表現を用います。

節番号をタップした場合

節番号をタップすると,幾つかの変化が起きます。

 

  1. 変化その一:タップした番号の節だけが強調され,読みやすくなります。節番号にはグレーの丸印がつき,その節以外のすべての文字の濃さが薄くなリます。
  2. 変化その二:またタップして指を話したあと,およそ3秒間,節番号の上にメニューが表示されます。このメニューには2つの機能が割り当てられていて,その節に対する2つの機能を使うことができます。

       ①ブックマーク 左側のシオリのようなマークです。

        その節をブックマークして,あとからすぐに見つけられるようにします。
       ②コピー    右側の四角が重なったようなマークです。

        その聖句をコピーします。メールに聖句を貼り付けたりするのに便利です。

   3.変化その三:別の翻訳聖書をダウンロードしているなら,スタディペインエリアにそれらが表示されます。この時,スタディペインエリアの一番下にある「カスタマイズする」という部分をタップすると他の翻訳のカスタマイズ画面が開きます。

f:id:LinXiaoHong:20170208150550j:plain


他の翻訳のカスタマイズ画面での操作

     このカスタマイズ画面では,個々のの翻訳聖書の並び替えと表示・非表示の選択を設定できます。


並び替えの仕方

f:id:LinXiaoHong:20170208150706j:plain


言語名の一番右にある三本線をタッチしたまま上下にスライドさせることで任意の順番に並び替えることができます。


表示・非表示の切り替えの仕方

言語名の左にあるマークをタップすると表示・非表示を切り替えることができます。
現在表示されている聖句には赤いマイナスのマークが付いています。
非表示になっている聖句には緑のプラスのマークが付いています。

     望みの設定にすることができたら右下の完了という部分をタップしてこの画面を閉じます。

 

     次回は節番号以外の青い文字や記号をタップしたときの解説を予定しています。